検索
  • 日本リボンレイ協会

出雲大社リボンレイ奉納

最終更新: 2019年7月9日


4月3日出雲大社にリボンレイを奉納させて頂きました。

昨年秋、ハワイ出雲大社にリボンレイ を奉納させて頂き、そのご縁もありこの様な運びとなりました。奉納させて頂いたレイは、紫と白の2本。紫は高貴な色、白は出雲の雲をイメージし、神儀色である 2本のレイは厳粛で気品を感じました。2本のリボンレイの、紫は賛同いただける方々にひと針ずつ縫って頂き完成させたアロハレイ、白いレイは私の20年の想いを込めて縫い上げたものです。この2本のレイを大事に抱えてインストラクター、生徒さんと共に出雲に参りました。 ハワイの出雲大社では狛犬さんに私が作ったレイが毎月、月替りでかけられています そんなことから御祈祷の前に、島根の狛犬さんにレイを・・・ っと思ったら、なんと島根の出雲大社の狛犬の大きいこと。 皆、絶句でした。ならば、狛犬の前に飾らせて頂くだけでもっと思いダメもとでお願いをしましたところ 快く承諾してくださいました。本当にありがたい事でした。 その後、そのリボンレイは御祈祷、奉納となりました。御祈祷の画像は撮影できませんでしたので簡単に説明しますと持参した、黒のレイスタンドにそれぞれリボンレイ をかけ、芳名帳と一緒に神前に置かれ、御祈祷が始まりました。他に御祈祷をされる方達は、あれはなんだろう?っと思って眺めていたでしょうね? 桜満開の出雲大社に平成最後の大仕事ができた事を嬉しく思っています。皆さんのおかげでこうした素晴らしい事に繋がった事、改めて感謝しています。リボンレイの輪(令の和 レイのワ) 日本リボンレイ協会はますます和が広がる様に努めて参りますので宜しくお願いいたします。

カウナオア ヒロミ W


















11回の閲覧

© 2020 Japan Ribbon Lei Association