ホオカニ 岩川 美加子
Ho'okani Mikako Iwakawa
ブロンズ

リボンレイとの出会いは、2013年にウクレレパフォーマンスコンテストに出場した時、緊張した気持ちを落ち着かせようと、ステージのすぐ隣でワークショップに参加したことでした。 出番前の緊張から私の手が震えていたのを、別部先生と大野先生に、何度も何度も「大丈夫、大丈夫」と声をかけて頂きました。 その時の感謝の気持ちをずっと忘れられないでいました。そして、私には絶対無理だと思っていたリボンレイだったのですが、大野先生とご縁を頂き、せっかくレッスンを受けるならと、インストラクターコースをと希望する事になり、その手法、技術に魅了されていきました。レッスンで、ご一緒していただける皆さんと、その優しい空間に、毎回楽しく癒されています。まだ、とても未熟ですが、卒業認定を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。この楽しさと魅力を、地域の皆さんにお伝えできたらと、思っています。

 

​卒業作品

作品名 LAULE'A(ラウレア)〜幸福〜

ベランダでハワイのお花を育てています。 毎日、お花に水をあげると、太陽の光と相まって、小さな虹が幾重にも見えます。そして、コキオケオケオとピカケのとても芳醇な香りを嗅がせて貰っています。今日もみんなが無事で、幸せな1日になります様にと心で思います。お花を観ていると、沢山の蕾をつけ、毎日散っては、次々と美しい花を咲かせる姿に、今日もがんばってこ!と心が穏やかになり、力さえも湧いてきます。そんな、小さな日常の幸福をレイに込めて作成しました。題材は、コキオケオケオ、ピカケ、バードオブパラダイス、レインボー、サンライズです。

大野教室から3人目となるインストラクター誕生です。リボンレイ、フラ、ウクレレとハワイの文化といつも触れ合っている美加子さん。ウクレレの腕前はピカイチで私達の宴では無くてはならない存在です。いつまでも素敵な心地よい 音を奏でながら、ハワイの文化を広めて行って頂きたいと思います。音を奏でるというHo'okani ホオカニ というハワイアンネームを贈ります。

2020年 2月 16日 カウナオア

© 2019 Japan Ribbon Lei Association