リノ 数原 貴子
Lino Takako Suhara
ブロンズ

ハワイ大好きな私は、いつでもハワイを感じられる趣味を探しリボンレイに出会いました。独身時代、結婚し家事と仕事に追われる日々、出産・育児期もアロハな心で潤してくれるリボンレイをどんどん好きになりました。

不器用で人見知りな私がこの日を迎えることができたのは、むつみ先生・弘美大先生のご指導、マーラプア教室の皆様のお陰です。本当にありがとうございます。 そして、ともにレッスンに通いながら日々を支えてくれた母、作品作りに協力をしてくれる夫・息子に心から感謝をしています。

これからもリボンレイを学び続け、楽しさを皆様にお伝えできるように頑張ります。 どうぞよろしくお願いします!。

2013年6月
リノ 数原 貴子
東京

お名前には輝く、光る、まぶしいという意味合いがあります。まだまだ若いのでもっともっと輝いて協会をひっぱっていって頂きたいという意味のもと貴子ちゃんにはこのお名前に致しました。

2013年6月14日 カウナオア

リノ 数原 貴子の卒業作品
(クリックで拡大します)
「No Rain, No Rainbow」

 

卒業作品には、結婚式に身につけた大好きなピカケを入れたいと決めていました。しかし、それ以外の構想が固まらず、ご教授いただいたレシピとリボンで構想と試作を繰り返しました。苦しいときには、メネフネが出てきて翌朝には作品が出来上がっているのではと思ったことも…。そんな時は私の好きな合言葉【No Rain, No Rainbow.】を思い出して取り組みました。

一針一針取り組んだことで私なりの虹に出会うことができました。これからも、素敵な虹(リボンレイ)を創り出せるよう邁進していきます。

© 2019 Japan Ribbon Lei Association