ルアカハ 田中 由美子
Luakaha Yumiko Tanaka
ブロンズ

むつみ先生のもとで、仲間とともにリボンレイの技法を学びました。同じレイを作っても、色使いなどでまるで雰囲気が違って驚いたり、イベントのお手伝いでは、諸先生や多くの方々との出会いが有り、お話をして樂しく過ごしてきました。

Luakahaというハワイアンネームをいただき、自分らしく楽しみながら、素適なリボンレイと、向き合っていきたいと思います。

2013年6月
ルアカハ 田中 由美子
東京

お名前には楽しい、楽しい時を過ごすという意味合いがあります。彼女の温厚な性格は誰もが癒されます。色々な方が楽しい時を過ごせ、誰もが彼女の元に行きたくなるという思いを込めました。

2013年6月14日 カウナオア

ルアカハ 田中 由美子の卒業作品
(クリックで拡大します)
「Ka Makani」

 

私にとってハワイのイメージは、さわやかな風です。青い空、色とりどりの花、それら景色を包み込み、汗かきの私を癒してくれる『風』をテーマにして、リボンレイを作りたい!と考えました。

ハワイアンを聞きながら、レッスンを受けているときは毎回とても楽しく穏やかな時間が流れていましたが、想いを表現し、形にすることはとても難しく、中野先生のアドバイスをいただき、今の自分の技量の中で、身の丈にあったレイを心がけ精一杯作ってみました。

© 2019 Japan Ribbon Lei Association