ラーア ケア 神崎 桂
La'a Kea Katsura Kanzaki
ブロンズ

別部先生・中野先生はじめたくさんの友人や家族の協力と温かい支えがあり、日本リボンレイ協会ブロンズインストラクタ ーとして La' a kea 「神聖な光」という身に余るお名前を頂きました。

和裁・洋裁・編み物など何でもプロのようにこなす母とは反対に私はお裁縫は苦手。 大好きなのは手芸!

そんな私がリボンレイと出会い色の美しさ・楽しさに惹かれ、たくさんの技法と共に人とのつながりや優しさなど大切なものを学びました。これからもたくさんの方と出会い思いを伝え分かちあえるリボンレイを作りたいと思います。 

2011年4月
ラーア ケア 神崎 桂
川崎

しっかり者の桂さん、いつもぴんっとアンテナを張って的確に動いてくださいます。  いろんな面から冷静に判断し、新たな良い光を差し込んでくれることを願い「神聖な光」の意味を持つLa'a Kea の名前といたしました。

2011年4月12日 カウナオア

ラーア ケア 神崎 桂の卒業作品
「五月」

 

ずっと前のことですが、私の誕生日に『100万本の薔薇は買ってあげられない けど…』と古河庭園に薔薇を見に連れてってもらった大切な思 い出。

五月の陽射 しをいっぱい浴びた、たくさんの薔薇でした。  初めての展示会作品は嫁ぐ娘の幸せを願って作ったピンクの レイ。 『とても評判 がよかったのよ』と中野先生のお言葉が私のリボンレイを作る楽しさと喜びにな り、卒業作品はもちろんピンク! そして五月の薔薇。

ベビーピ ンクの薔薇で優し さを表し基本のプルメリアに差し込み、小さいたくさんの薔薇 に支えて下さった 皆様への感謝の気持ちを込めて絡め、五本のレイで五月の薔薇 園をイメージしま した。

© 2019 Japan Ribbon Lei Association