モハラ 渡辺 陽子
Mohala Yoko Watanabe
ブロンズ

初めてリボンレイを知ったのは、娘とウクレレ教室へ通い始めた時でした。 ウクレレ教室には、沢山のリボンレイが飾られ私はそのリボンレイに魅了され、リボンレイ教室に通い始めました。 リボンの縫い方ひとつで変化していく不思議な世界に吸い込まれていきました。気がつけば5年も通っていました。 今私がリボンレイを楽しんでここまで来れたのは、別部先生、智子先生、リボンレイの仲間の方々のおかげです。 これからもリボンレイを楽しみつついろいろな方にリボンレイの楽しさを知ってもらえたら良いです。

卒業作品

作品名 Halia(思い出)

今年何年ぶりかに家族でハワイ旅行に行きました。 幸せなひとときでした。その時に見たハワイの花ブーゲンビリア、ハイビスカス、パカラナ、プルメリアそして 海の青さをイメージして旅の思いでをレイに込めて作りました。

大野教室からの2人目となるインストラクター誕生です。 彼女はレッスン、ワークショップ、イベントとお花が咲いているような存在で場を和ませてくれます。

インストラクターになられ沢山の事を開花させて頂きたいという想いを込めて Mohala(モハラ)花が開花するというハワイアンネームを贈ります。

2020年 1月 7日 カウナオア

© 2019 Japan Ribbon Lei Association