ワレア 長谷川 しのぶ
Walea Sinobu Hasegawa
ブロンズ

ほかのインストラクターの先生方同様、リボンレイの魅力にとりつかれた私ですが、お裁縫は大の苦手でした。 いったいどのようにしてできあがっているのかという興味で始めることになりましたが、レッスンに伺うたびに不器用な私にできるのかしらと毎回ドキドキでした。

イベントで初めてお会いした別部先生はファッショナブルで、その魔法の手から生み出される作品に感嘆しました。これからは、リボンレイの楽しさをたくさんの人たちに広めていかれればと思っています。

2014年2月
ワレア 長谷川 しのぶ
横浜地区

ワレアとは安らぎという意味があります。明るく元気な彼女は一緒に居ると何故だか落ち着き安らげるんです。どんな大変な事があっても大丈夫っとこれからも皆に安心感と安らぎを与えてください。

2014年2月11日 カウナオア

ワレア 長谷川 しのぶ 卒業作品
「Very sweet berries」

 

卒業作品のテーマは「Berry」と決めていました。

色と形を考えながらリボンを選びパーツを作っていく過程では、どうやってまとめていくか不安もありました。仕上げをする段階で、中野先生のアドバイスをいただき、最終的なスタイリングをしていったのですが、ここからが産みの苦しみを味わうことになりました。ようやくできあがったレイは、色も形もイメージ通りのものになりました。とはいえ、卒業作品の制作は自分の未熟さを思い知らされることにもなりました。ただし、苦しいだけではなく、作る楽しさやよろこびも実感し達成感を得ることもでき、中野先生の的確で熱心なご指導の下、無事に作品を提出することができました。

この経験を無駄にすることなく、これからも自分なりの作品を創作するべく、学ぶ気持ちを大事にしていきたいと思います。

© 2019 Japan Ribbon Lei Association